芸術家であり職人でもあり経営者でもある仕事

百姓は芸術家である。
と誰かが言ったかどうかは知りませんが、少なくとも僕は芸術家だろうと思っています。
土壌条件も気候も毎年違うなかで成果物をつくりあげていく作業はまさに芸術の域。
同じものを作っても100人いれば100通りの作品が出来上がるのが農業であり、畑の様子をみても100通りの景観があるのだからおもしろい。

命を創造するという芸術的要素を持っているのが農業という仕事です。

同時に百姓は職人でもあります。
他がまねできないような圧倒的な栽培技術、自己の成果物に対するこだわり・執念、そして自分自身に対する絶対的な自信。
これらの資質を備えている百姓は職人と呼ぶにふさわしいと思います。
「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏などは職人の典型でしょう。

芸術家であり職人でもある百姓。
と同時に経営者でなければならないのが今の農業界。
完ぺき主義とも思えるような職人気質はもちろん大切だけど、商売としてやっていくならお金に換えてこその成果物ではないでしょうか。
手塩にかけて育てた農産物を自信を持って世に送り出し、こだわりに見合った対価を受け取る。
それでこそ農業、経営が欠けていたら単なる農です。
今の農業界に足りないのがこれ。

芸術家であり職人でもあり経営者でもあるのが百姓。
僕らがやっているのは生産ではなく創作です。
わかります?
うちの畑を見に来てくれた方は言ってる意味が理解できますよね?
できない?
またぁ~。
 

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 食用ホオズキの大いなる可能性

  2. ジャガイモ種芋の植え方について

  3. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  4. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. ジャガイモ種芋の品種やサイズについて