育苗ハウスはトマトハウスへ

ぐずぐずな天候の午前中。
せっかくなので育苗用ビニールハウス内を片づけました。
苗床に残っているのは主力にならないような変な野菜ばかりなので、思い切って苗床を撤去してしまいました。
もう夜に電熱マットで温度をかけることもなくなりましたし、いつまでも設置されているとそこにトマトが植えられませんからね。

通路には残っている苗を並べていますが、このハウスで育苗していた面影はあまり残っていません。
片づけたあとすぐにトマトを植えてしまい、これでようやくハウス内のトマト栽培環境がすべて整いました。

ここで昨年育てたトマトは、選んだ大玉と中玉だと樹が暴れて実の付きがすごく悪かった記憶があります。
ミニトマトはなんとかふつうに育ってくれていたので、今年はミニトマトだけを栽培する予定です。
水分調整できるので甘いトマトをお届けできるようがんばります。

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  5. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  6. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・