育苗ハウスはトマトハウスへ

ぐずぐずな天候の午前中。
せっかくなので育苗用ビニールハウス内を片づけました。
苗床に残っているのは主力にならないような変な野菜ばかりなので、思い切って苗床を撤去してしまいました。
もう夜に電熱マットで温度をかけることもなくなりましたし、いつまでも設置されているとそこにトマトが植えられませんからね。

通路には残っている苗を並べていますが、このハウスで育苗していた面影はあまり残っていません。
片づけたあとすぐにトマトを植えてしまい、これでようやくハウス内のトマト栽培環境がすべて整いました。

ここで昨年育てたトマトは、選んだ大玉と中玉だと樹が暴れて実の付きがすごく悪かった記憶があります。
ミニトマトはなんとかふつうに育ってくれていたので、今年はミニトマトだけを栽培する予定です。
水分調整できるので甘いトマトをお届けできるようがんばります。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  2. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実