育苗ハウスおつかれさま


育苗ハウスに残っていた最後の苗、ソラマメとエンドウを畑に植えました。
これでハウスの中はすっからかんです。
閑古鳥が鳴いています。
開店休業状態です。
商売あがったりです。

今年の4月、今の家に引っ越してくるなり建てた育苗ハウス。
トマトの雨よけでつかっていた支柱とビニールで形成され、加温機能は一切ありません。
昼温が高くなるだけ。
夜温が上がらないので夏野菜の苗づくりは困難を極め、予定よりも生育スピードはゆったりしていました。
それでも無事に定植し、収穫までこぎつけることができたのは育苗ハウスのおかげ。
ちゃんとした設備がなくてもどうにかなる!と教えてもらったようなもんです。

夏には秋野菜の育苗をするためにサイドをビニールからネットに変更。
キャベツやブロッコリーなどを虫から守ってくれました。
途中から中に虫が住みついてしまったのか虫食いがひどくなりましたが、それでも大活躍に変わりはありません。

唯一の欠点は、今の栽培面積でもハウスのサイズが足りなかったこと。
来年はもっと大きいハウスが必要です。
経営規模に合わせて育苗ハウスも大きくします、夜間の加温設備はどうしましょう?
あんまり完璧にそろえてしまうのもおもしろくないですし。
金をかけないで何とかしてみましょうかね。
キーワードは”炭”と”ペットボトル”です。
わかります?

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  3. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  4. ジャガイモ種芋の品種やサイズについて

  5. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  6. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか