美肌効果の期待できる労働

1週間ぶりくらいの雨です。
そろそろ雨が欲しいなぁというくらいの素晴らしいタイミングで降ってくれました。
次の雨も1週間くらい経ってから、のような予報なのでうれしいです。
雨で一喜一憂するのは農業者の特権です。

雨だと休み、と勝手に決めている僕ですが、今日もそのつもりでした。
そしてだいたい休日な感じでした。
ただ、昨日もらってきたオカラを処理しないと腐っていくので、米ぬかとまぜまぜしながらボカシをつくるという作業だけは今日やっておきました。
写真がないので説明しにくいですが、オカラと米ぬか、あとは籾殻なんかを山にしてスコップなんかでかき混ぜるんです。
均一に混ぜるために手を使うこともあります。
発酵(腐敗?)が始まっていて熱をもっているオカラと、乾燥しきっていてひんやりしている米ぬか。
手で混ぜると両方の温度が複雑にからみあってちょっとした快感がおそってきます。
熱い風呂につかりながら冷水を足していく、温水と冷水の境目な感じ。
わかります?

ボカシつくり、楽しいですが意外に重労働。
そのうち攪拌機を買うかもしれません。

作業が終わるころには手がすべすべになってます。
米ぬかの天然成分「γ-オリザノール」は、保湿効果と美肌効果が知られ、皮膚から浸透しやすい。
らしいですから多分そのせいですね。

仕事して美肌になれるんだったら言うことなし。
美肌にこだわるような男じゃないですが。

関連記事

  1. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  2. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  5. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・