第三の潅水法

今日、雷と一緒にどしゃぶりの雨をもたらしてくれてホッとしていますが、ここんとこ雨が降らなくて困っていました。
土を掘っても掘ってもカラカラの状態。
すでに根をしっかり張っている野菜は枯れたりしませんが、タネを播いたばかり苗を植えたばかりの野菜たちは毎日水をあげないと一発で枯れてしまいます。

エンジンポンプを持っているのでスミサンスイのような潅水チューブで優しく散水すればいいのですが、あまりに優しすぎるので土をしっかり湿らせるのにたっぷり時間を要します。
100L/分の放水能力があるのに柔らか散水では存分に力を発揮しているようにみえず、なんだかガソリンがもったいないなぁと感じていました。
もちろんエンジンさえかけておけば僕の手を煩わせることなく仕事をしてくれるのはありがたいのですが。

最近ではニンジンのタネを播いたりレタス苗を植えたりしてるのでジョーロでせっせと水やりしていました。
これが時間かかって大変。
そこで新しく購入しました。

ポンプからのホースに直接つなぐ散水ノズルです。
放水能力そのままにミスト散水ができます。
これはいい。
ニンジンの発芽は問題なくクリアできそうだし、これから始まる苗の定植ラッシュでも植えたあとにドバッとかけておけば安心です。

ふんわり潅水と通路どばっと流し込み、そしてノズルしっかり散水。
エンジンポンプを利用する3つの方法をうまく使い分けて、カラカラの夏を乗り切りたいものです。

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  3. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  6. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?