端境期は心臓に悪いよ

6月は小さな端境期がやってきます。
春野菜が一段落して、夏野菜が本格的に出てくるまでの切り替え時期になるからです。
ここをうまく乗り切れるかどうか、腕が試されるところでもあります。
昨年の9~10月にやってきた夏野菜→秋野菜の端境期は充分すぎる余裕をもって乗り切ることができたので自信になりました。
今回の端境期をうまく克服できれば、一年を通して端境期に対する自信がつくことになります。
あ、3~4月の端境期は諦めているので対象外です。

今調子がいいのはズッキーニ。

毎朝せっせと受粉してますし、採り遅れて大きいものがでないように収穫にも気をつけています。
ここんところ1週間で70本ほど採れました。
これだけの本数があれば足りるでしょう、と思いきや需要がすごいのでもっと採れても困りません。
それほど栽培が難しいわけでもなく、手間がかかるわけでもなく、面積を必要とするわけでもないので、次作からさらに多く作付けしてもいいかも。
端境期に収穫できるすばらしい野菜、ズッキーニ。
好きです、愛してます。
今後ともよろしく。

関連記事

  1. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  2. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  3. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!