3月も下旬にさしかかり、畑での種まきがひと段落してきました。
発芽の思わしくない野菜もありますが、そのあたりはまた種を播くとしてひとまずは安心です。
土壌条件は雨が多くてベストな状態ばかりではありませんでしたが、無理やりにでも種を播いたところがあります。
野菜セットを5月上旬の出荷再開にあわせて作っていくためには、悪条件だろうが種を播くことが大事です(たぶん)。
最適な条件を待っていたら種まきが遅れ、品目がそろわない事態になってしまいますからね。
なにより優先されるのはセットを作れるように栽培品目を揃えること、定期便を途切れないようにすることだと思っています。
単作農家とは違うので品目ひとつひとつをベストで育てるのではなく、ベターを積み重ねていくのが無理なくやっていくコツなのかもしれません。

さて、ビニールハウス内は苗数がほぼ最盛期。
これからカボチャやズッキーニ、キュウリが増えるとMAXです。
自家配合の育苗用土なので育ち方は不安定。
ブロッコリーやレタスなどは思っていた以上に小さな苗で畑で出さざるを得ませんでした。
まあしょうがないですよ、小さな苗で植えてしまえば済む話なら軽いモンです。
トマト・ナス・ピーマンなどポリポットでの育苗は今のところ順調ですが、肥切れするようなら同様に早めに植えることも考えないといけません。
きっと大丈夫でしょうけど。

やっぱり広いスペースがあるといいですね。
遠慮なく種を播けます。
遠慮なく苗を育てられます。
水道がきていないハウスなので調子に乗って苗を増やすと水遣りが大変ですが、スペースに制限があることに比べればかわいい苦労です。
水遣りがんばります。