物事は前向きにとらえよう

プルルルーー
お客様より電話がありました。
野菜が届いていないとのことでした。
そのお客様には昨日たしかに宅配便にて発送しているので、届いていないとすれば配送遅延?
と思って伝票番号から配送状況を調べてみました。

すると・・・
時間指定を間違えてた!
そのお客様は午前中を指定されていたのですが、あろうことか18-20時にチェックを入れてしまっていました。
完全に僕のミスです。
やってしまいました。

指定した時間に家で受けとるために待ってくれているお客様がいます。
到着する野菜を目当てに献立を考えて待っているお客様がいます。
そういうことを考えれば、あってはならないミスです。
本当に申し訳ないことをしました。

一人で事務作業もこなしているので、複数の目でチェックすることはできません。
けれども漏れのないように事務処理できるようなシステムを再構築することはできます。
ミスは起こるもの
として前向きにとらえていきます。

今回のお客様には申し訳ないことをしましたが、農園にとってはシステムの構築を促されたり気を引締めなおす機会になったり、すごくありがたい事件となりました。
同じミスを二度と繰り返さないように、と思って日々過ごしておりますので今後にご期待ください。

関連記事

  1. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  2. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  3. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  6. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ