業界最大手はだてじゃないと思う

日本郵政グループの郵便事業会社は7月1日、日本通運との共同出資会社「JPエクスプレス」が展開する「ペリカン便」事業を吸収しました。
宅配便ブランドは「ゆうパック」に統一されます。
ようするに33年続いたペリカン便ブランドは消滅したわけです。

松本自然農園は2年目くらいからペリカン便を利用していました。
大口取引による料金割引が大きかったのがその理由です。
送料に関してはお客様に負担していただいているのが現状なので、少しでも低くおさえたいという気持ちが強いです。
だから少しでも安いところへ、とあちこちで交渉しました。
業界最大手のヤマト運輸はサービスの質が高いという評判をよく聞いているので利用したかったのですが、やはりというか最大手だけあって、発送個数が少ないと料金をあまり安くしてくれなかった経緯があります。

今回の吸収合併。
ペリカン便が消滅したんだから流れに従うなら今後はゆうパックを利用することになります。
料金体系はペリカン便利用時のものを継承してくれるようです。
だったらそのままゆうパックに切り替えようかなと思っていたんですが、ちょうどいい機会なので他の業者に料金交渉してみようかという気になりました。
発送個数は以前より格段に増えているので、すでに過去に交渉済みの業者でも今なら・・・。

ということで詳細は省きますが今後はヤマト運輸を利用することになりました。
料金についてはペリカンと同程度を提示してもらいました。
箱サイズに関しては制限がゆるくなりましたので、80サイズ規格にあわせて箱を切って野菜をぎゅうぎゅう詰めにしなくてすむようになります。
もうすこしゆったりと野菜を入れることができます。

恋焦がれたクロネコヤマトとの取引。
長く続けたいものです。

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  3. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  6. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた