根圏支配

ナスを育てるとよくわかりますが、大きく育つと覆い茂った葉で株元が隠れて日光が当たらないようになります。
そうなると新しく草が生えてくることは少なくなり、草管理がラクになります。
一方、トマトやオクラなどは地面を覆うような葉のつきかたをしないので、株元にも平気で日光が当たります。
だから新しく雑草がどんどん生えてきます。
生えてきます。
どんどん。
生えてくるのですが、野菜がしっかりと育っていると草の伸びが弱いです。

これは今日撮影したオクラの株元。
けっこう草は生えています。
けれども前回草とりをしたのは7月上旬ですのですでに一ヶ月経っていて、草は生えてくるものの勢いがありません。
しかも抜いてみると根の張り方が弱く、あっさりと抜けてしまいます。

ようするにオクラが株周りに根っこを張って根圏を支配しているので、あとから生えてくる草が満足に根を張ることができないんですね。
ポイントは野菜が大きくなるまでの早期除草。
そのタイミングさえ逃さなければ真夏でも草管理はそれほど大変じゃありません。

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた