松本カブトムシ

廃菌床をもらってきました。
廃菌床というのはシイタケの菌床栽培で使った培土のことで、成分はおもにオガクズです。
これ使い方によっては野菜栽培にはすごく有効なのでこないだから畑に投入してみたりしていますが、とくに障害はなさそうなので本格的に使用してみようかと思っています。

この廃菌床、今回は年数の経って堆肥化したものをもらってきましたが、この中にはミミズやらヤスデやらたくさん生き物が住んでいます。

そしてでっかい幼虫を発見。
これってカブトムシ?クワガタ?
せっかく畑に来てくれたので、一部廃菌床を山にして幼虫の住処を作っておくことにします。
自然農法カブトムシの誕生は近い!?

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  5. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  6. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。