有効の証明

あー更新が1週間ぶりになってしまいました。
ネタがたまってきているので、また更新頻度を上げていきたいですね。
といっても元々更新頻度はたいしたことないけど。

栽培方法の変更として記事にしたジャガイモの黒マルチ栽培
発芽で多少の欠株こそありましたが、その後の生育はいたって順調でした。
とくに管理するような作業もなく、ただ見ているだけで収穫に至ったのは感動すらおぼえます。
実際にビニールマルチをはがしてみると、

こんなふうにすでにジャガイモが地面の上に顔を出しています。
黒マルチは光を通さないのでこんな状態でも問題ありません。
茎をもってぐいっと引っぱってみると

芋がごろごろと出てきました。
マルチをしていると雨で土が締め固まらないため芋の掘り上げが容易です。
土寄せをしてないから深いところまで掘って探さなくていいし。

後半の肥切れがあったため収穫量はそれほど多くなかったのですが、栽培そのものは非常に有効だなと感じました。
これで秋じゃがもマルチ栽培できるなら、土寄せ用管理機のない農園に一歩近づきます。
ほかに土寄せが必要な野菜はネギ。
これについては別記事で近々書きます。

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  3. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  4. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  5. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?