最強の援農隊

援農隊。
(基本的に)無償ボランティアで畑仕事を手伝ってくれる助っ人のこと。
生産者から見れば作業を手伝ってくれるので仕事がすすんで大助かり(・・・にならないこともあるけど)。
援農隊員から見れば農業体験ができて自然にふれられるし、農家の手助けになるという満足感が得られる。
接客に追われる、やってもらったがあとで全部やり直しが必要、ってなこともあったりするので一概に農家にとってプラスばかりじゃないけど、人数と作業時間がうまくはまると相当助かるものです。

松本自然農園には20日、21日と最強の援農隊がやってきました。
僕の両親です。
長時間手伝ってくれたわけじゃないし、富山からわざわざ遊びに来てくれているので基本的には休日だし、作業としては大きく前進したわけじゃありません。
ただし他人様に手伝ってもらうのとはうれしさが違いますね。

ふつうはこういうの家族労働なんでしょうけど、離れて暮らしているので援農隊に近いような気がします。
嫁が手伝ってくれている、じーちゃんばーちゃんが手伝ってくれている。
そういう農家はずいぶんラクなのかなと感じました。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!