時間の融通がきく農業者になりたい

今月も先月に引き続いて端境期なのでゆったりと過ごしています。
あんまり具体的な数字を書くのもヤラシイのでやめますが、一般的なサラリーマンなら考えられないような労働時間です。
もちろんこの間の収入はありませんが。
収穫、出荷作業、配達という一連の作業がないので、忙しくないのは当然といえば当然です。
1週間のうち7日すべてを農作業のために日程調整できるんですから。
そんな時間もあとすこしで終わり。
5月上旬からいよいよ出荷が始まります。
野菜たちは最近の暖かさでぐいぐいと生長してくれているので、品数こそ少なめですがなんとか出荷にこぎつけられそうです。
毎年のことですが再開のときは緊張しますね、野菜が揃うかどうかで。

畑にいる時間そのものは多くないのですが、空いた時間のほとんどが育児で消えていくので、自分の時間は相変わらず少ないです。
起きている間は仕事か育児か。
夜9時以降の数時間が自由。
そんな生活も4月から少しは変わるのかと期待したのですが・・・。
4月は長女が保育園に通い始めたものの、なにかの菌をもらってきて家族中にばらまいたおかげで中旬以降ずっと生活が乱れたまま。
早く元通りになってほしいです。
5月こそは自由になりたい。
あ、出荷が始まって忙しくなるんだった。

・・・すみません、今日のはたいしたネタじゃなかったですね。

 

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?