小松菜、水菜、からし菜・・・

いま松本自然農園で出荷している葉もの野菜です。

いわゆる葉を食べる野菜は、畑のなかで生長を続けています。
あ、もちろん葉もの野菜じゃなくても生長してますが。

ここで言いたいのは、昨日の小松菜は今日の小松菜と違う、ということ。
1週間前の姿はすでになく、今日の小松菜はもっと大きくなっています。
そしていろんなサイズで毎週みなさんのもとへお届けしています。

スーパーに行くといつも同じ大きさの野菜が並んでいます。
その野菜の専業農家が「ここだっ!」というサイズになったときに一気に収穫するからなのでしょうが、野菜を栽培してみるとその苦労がよくわかります。
同じサイズでそろえるって大変ですよ。
1週間違うとサイズが全然違いますからね。

ちなみに葉もの野菜は大きさによって柔らかさ・食感が全然違います。
小さいときから大きくなるまで食べつづけてみるとよーくわかります。
けっこうおもしろいですよ。
水菜なんて特にそう。
小さい頃は柔らかいのでサラダなどにすると美味。
大きくなると生だとちょっと茎が硬いので鍋に入れて火を通すとGood。
サイズにあわせて調理法もかわります。

そういう工夫が主婦魂に火をつけることになるのかな?と思います。
もちろん主夫も。