農林水産省が発表した平成19年の新規就農者についての調査統計。
http://www.maff.go.jp/www/info/bunrui/bun01.html

この調査によると平成19年に新規就農した人は73460人。
そのうち自営農業就農者、つまり実家の農業を継いだ人が64420人(全体の約88%)。
雇用就農者、すなわち農業法人の従業員となった人が7290人(全体の約10%)。
そして新規参入者、実家が農家じゃないのでゼロから農業を始めた人が1750人(全体の2.4%)。
となっています。

僕のように非農家出身者がやったるで!と自営業として農業を始める人は年間で1750人しかいない・・・。
ちなみにこの年の愛知県新規参入者は30人。
なんとも頼りない数字です。
けどまあ、自営農業就農者を自営業を継ぐと形容するなら、新規参入者は起業すると表現できます。
食っていけるかどうか微妙な産業で起業するのはやっぱり腰が引けるでしょうね。

きっとやりたいと思っても動けない、もしくは動かない人はものすごい数いると思います。
それくらい農業にたいする関心は高まっているようです。
でも関心と比例しないのが新規参入者数。
毎年減少してるみたい。
なかなか現実はうまくいかないようで。