新聞に載りました

3月4日発刊の農業共済新聞。
3面ですが

載りました。

農業系の新聞なので一般の方は見ることがないと思います。
ウン十万部ほど発行しているそうなのでけっこうな方の目につくとは思いますが、それでも野菜が欲しいという消費者がこの新聞を手にするとは考えにくいです。
見るのは農業に関わる人たちでしょうね。
お客さんが増えるとか新規就農希望者が連絡をとってくるとか、そういう見返りはあんまりないような気がしますけど、新聞に載せていただいたというだけでありがたいことかもしれません。
両親や親戚は喜んでくれるでしょうし。

それにしても、畑に野菜がなくてさみしい時期に取材にくるのはやめてほしいものです。
撮りたいアングルがなかなか見つかりませんから。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  3. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  4. 芽かきした脇芽を苗に育てる方法

  5. ジャガイモ種芋の品種やサイズについて

  6. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?