新しく農地を借りる

新しく来年から耕作する畑があります。

来年からの予定なので放っておいたのですが、地主さんから「ホントに使うの?」と言われてしまったのでちょっと草刈りしました。

面積を調べてみると1500?ほど。

何も作っていないと広く感じますが、じつはそれほど大きくありません。

この畑、今年の秋までは普通に稲作をやっていました。

ふつうに、というのは農薬や化学肥料を使ってということです。

国の有機JASの認定を受ける場合、3年間農薬・化学肥料を使っていないことが条件となるので、来年ここで作った作物は有機JAS認定を受けられないことになります。

うちは有機JAS認定を受けるつもりがないので関係ないと言ってしまえばそれまでですが、それではちょっと無責任ですよね。

前年の農薬・化学肥料が土壌に残っている可能性だってあるわけですから。

ただ現状として、新しく畑を借りて規模拡大するときに、有機JASに適合する農地ばかり借りられるわけではないのがほとんどです。

そりゃそうですよね。

周りではまだまだ現役で稲作がんばっておられるんですから。

当面は頭を悩ませる問題になりそうです。

松本自然農園の対応として、有機JASに適合しない農地で野菜をつくるときには、その品目をお知らせしようかと考えています。

このカボチャは有機栽培転換農地1年目のところで作りました、みたいに。

あと、できるだけ草を生やして、草によけいな物質を吸い上げてもらおうと思っています。

初年度ですからあんまり草を生やしすぎると怒られそうですが。

いずれにせよ、新しく農地を借りるのは有機栽培する農家にとっては頭の痛い問題です。

有機JAS適合まで3年間無収入で作物を作りつづけるのはちょっと難しいですからね。

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  5. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  6. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか