数字から見る労働時間の振り分け

耕耘とか畝立てとか作業効率を考えていかないとな~と最近は思っていますが、ちょっと労働分析をしてみたらとんでもないことが判明しました。
円グラフはブログ用に作り替えるのも面倒なので数字の列挙になりますが
耕耘、畝立て  5%
播種(種まき)  4%
定植(苗植え)  4%
除草       6%
収穫       15%
出荷作業    22%
配達       16%
・・・

畝立ての効率が悪いから新しい方法を試すだとか、播種で機械を使おうとか、そんなことを言ってる場合じゃないですね。
収穫、出荷作業、配達にかかる時間のほうが数倍大きいです。
この3工程を足したら53%ですよ。
全労働時間の半分を超えてますよ。
とんでもね。

松本自然農園の省力化について、これからどこに力を入れていけばいいのかこれで分かりましたね。
配達はロスが大きくても省くつもりないので、収穫・出荷作業をなんとかしないといけません。
この部分で機械化できるならためらいなく導入したほうが時間短縮効果が高いことは言うまでもありません。
50時間を40時間に減らすのは難しいけど、500時間を400時間に減らすのはそんなに大変じゃないと思います。
出荷作業についてはけっこう頑張って省力化できてると思ってたんですけど、数字で見るとまだまだ青二才でしたね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  4. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  5. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  6. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・