性に合うかどうかが境目

暑い。
人が暑いんだから野菜も暑いにちがいない。
ということで潅水しました。
とりあえずナスに。

いままでだったらエンジンポンプに潅水チューブをつけて
ピューッ
と水がアーチを描きながら地表面をやわらかく濡らしていくようにしていましたが、これはどうもナスとかサトイモなんかには向かないぞと気付きまして、今回はポンプから直接畝間に流し込んでみました。
これ、けっこういけますよ。
あ、知ってた。
そう・・・。

ポンプの揚水能力そのままに水を流し込むのでロスはありません。
200L/minの能力があれば200リットルの水が1分間で畑に流れ込みます。
1時間流せば12000L。
こりゃすごい。

優しく霧のように散布するのもいいんですが、僕はこの豪快な放水のほうが性に合ってますね。

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  4. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?