心晴れやか草生栽培

通路に草がないほうがいいのか、あったほうがいいのか。
一般論は置いておくとして、僕はだんぜん草を生やします。
そういう栽培方法を研修で学んだというところが大きいですが。


これは草生帯を刈った直後ですが、野菜と通路がはっきりと見て取れるうえに土がむき出しになっている部分が少ないので気持ちよく見ていられます。

草がそこに生えてくる意味(2009.8.24)
通路に草を生やすのはわざとです(2008.3.18)

過去にも草生栽培について書いていましたが意外に少なくてびっくりです。
けっこう松本自然農園のキモなんですけどね。
近所の人に「またそんなに生やして~」と言われようが、研修先から「まだそんなやり方してんの?」と言われようが、当分いまのやり方を変えることはないと思います。
だってその景観を見ていると心が晴れるんだから。
しょうがない。

関連記事

  1. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  4. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?