好調につき珍しく単品販売します

ミニトマトが好調です。
これでもか!というくらい採れます。
困ったなぁ~とか言いながら全然困った顔をしないで収穫しています。
たくさん採れても困りません。
あまった分はドライトマトにしますから。

でも新鮮なものは新鮮なうちに食べてもらいたいもの。
せっかくなので単品販売しちゃいます。
トマト欲しい
という方は要チェックですぞ。

収穫量の波はものすごく大きいので、いつ終わるかわかりません。
期間限定なのは間違いなさそうです。
1週間につき●セット限り!
というような限定商品です。
宅配用セットにたっぷり入れてそれでも余った分を販売しますので、収穫量が落ちてくれば当然のように単品で売ることはなくなります。
この機会をお見逃しなく。

購入はトップページのメニュー「欲しいときに買う」からどうぞ。
http://www.matsu-farm.com/sale/sale.html

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  3. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  6. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?