失敗も受け入れられたいと思うのは傲慢かな

こんなことを書くと自分の首をしめそうですが。
まだまだ技術が未熟なんでしょうけど最近は野菜に虫食いがけっこうあります。
これ自体は何度かブログでも書いていますが、僕はそういう野菜でもセットの中に入れてしまっています。
もちろん心苦しいです。
やっぱり最高の品質でお届けしたいですから。

ただやっぱり農薬を使いませんし栽培技術もまだまだ未熟ですから、いけると思っていても虫や病気の被害に逢うことも多いわけでして。
そういう野菜を失敗だと切り捨てて出荷しないのは簡単ですが、それをやってしまうと出せる野菜の種類が限られてしまうこともあり毎週出しつづけるという安定出荷に支障が出てしまいます。

松本自然農園の基本姿勢としては、失敗も含めてあえてセットとして詰め合わせることで有機農業の難しさを知ってもらったり出荷できずに廃棄する野菜を減らしたり、という考え方で出荷を行っております。
それが受け入れられないお客様は離れていくのかなという気持ちでやっておりますが、やはりお金をいただく以上は最低限の品質は保つ必要があるとも感じています。
失敗作品を世に出すというのは、ある意味危険なのかもしれません。

マニュアルどおりにやっていれば規格どおりの野菜ができてくる慣行農法とは違い、有機農法はまだまだマニュアル化が進んでいない未開の分野です。
そういう世界で農家が生きていくためには、大きな心で支えてくれる消費者がどうしても欠かせません。
スーパーで売られているようなきれいな野菜を期待されるのも結構ですし、それ以上の野菜をお届けできることもあります。
ただしそれ以下の野菜もお届けしてしまうことをご理解いただけるとありがたいです。

まだまだ失敗が多くてご迷惑おかけしてますが、これでも最初のころに比べれば相当レベルアップしてるんですよ。
今後さらに腕を磨いて、「この量でこの品質なのにこの値段?」と驚かれるようになりたいものです。
そのころに定期購入すればいいや、と思っているアナタ。
待っているうちに定員オーバーで受付を終了してしまうかもしれませんよ。
お早めに、とは言いませんけどタイミングをお見逃しになりませんようホームページやブログを定期的にチェックしてくださいね。

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  3. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  4. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う