大勢で掘るのは楽しいぞ

今年の11月はなんだか暖かいので、なかなか芋類を掘ろうという気が湧きませんが今日はサトイモを収穫しました。

取引先の飲食店からスタッフが大勢押し寄せ、そして手伝ってくれました。
サツマイモ掘りやジャガイモ掘りは体験としてはスタンダードですが、サトイモはそんなに経験できることじゃありません。
楽しんでいただけたでしょうか。
サトイモの出来はそんなに悪くなく、掘っていてゴロゴロ芋が出てくるので達成感はあります。
掘っても掘っても小さいのだけ、だとさみしいですもんね。

ふだんなら人を呼んで収穫してもらっても、掘り残しがあるとか説明の時間が意外にかかるとか結局は自分でやったほうが速いとか、経営的な効率重視の愚痴をこぼしたりするもんですが、ここんところ時間に余裕があるので「まあいいか」という気になっています。
たまには時間を気にせず遊びのように畑に出るのもありですね。

といっても随時収穫体験を受け入れるわけじゃありません。
プロの仕事をしている場所だから気軽に立ち入られては困ります、という気持ちは常にあります。
たまにはいいかなという感じです。

あとはジャガイモとヤーコンの収穫が待っています。
まあこれは研修生と一緒にやりましょうかね。
たいした量じゃないし。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  2. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  3. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  4. 春のアブラナ科抽苔を防ぐ3つの方法

  5. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  6. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・