土手草にはちょうどよい長さがある

平地の農業に比べて中山間地の農業は手がかかる。
一枚あたりの面積が小さいから効率が悪い、なんてのは当たり前。
獣害に悩まされるというのも聞き飽きました。
そしてこれ。

土手の草刈り。
田んぼが段々になっているので当然ながら土手の面積は広く、これの草刈りがハンパじゃなく大変です。
松本自然農園は2枚の田んぼを借りていますが、両方の土手草刈りをやると一日仕事になってしまいます。
一日中草刈機を振り回し、刈った草を熊手でせっせと集めて回収。
農作業のなかで最もきつい作業のひとつといえるかもしれません。
これが一年のうちで3~4回あります。

そんな土手草刈りなので畑が忙しいときは後回しになったりして、いつのまにか草ボーボーになってしまうことはよくあります。
のびきってしまうと刈るのが大変で、さらに集める草も多くなります。
背の低いうちに刈っておけばラクなのに・・・とわかっていても出来ないのがボク。

でしたが今年は違います。
例年よりも2週間以上早く刈り始めています。
おかげで作業がラクラク。
こんなんだったら毎年ちゃんと適期にやっとくんだったよ。
周りの方々はやはりGWころに土手草を刈ってますからね、やっぱこの時期に刈るのが適期なんでしょう。
短すぎず長すぎず、ちょうどよいサイズになったところで刈るとすごく効率よく疲れも少ない。
5年目にしてようやくわかってしまいました。
遅い!

関連記事

  1. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  4. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  5. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  6. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?