出荷開始のラインナップ

徐々に野菜が出荷可能状態になってきています。
5月のゴールデンウィークが明けたくらいに出荷を再開するので、あと1週間とちょっとの時間がありますね。
エンドウは間に合うかどうか微妙なライン。
ニラOK、壬生菜OK、大根OK、レタスOK。
春菊もう少し。
種まきから1ヶ月も経たないうちに収穫が始まるので、からし菜、ルッコラなどの小サイズ採り野菜はいつでもOK。
といったところでしょうか。
そしてカブ。

間引きのつもりで畑に入ったのですがすでに小カブ収穫サイズのものもちらほら。
お客さんのもとへ届けられるような野菜が自家消費に消えていくのは正直申し訳ないのですが、こういうところがセット売りメイン農園の悪いところでしょうか。
カブだけで売ればいい?
まあそうですね。
売り先がないこともないですが、5月に入るまでは僕自身の気持ちが出荷モードに切り替わってこないのでやめています。
中途半端にやらないで5月からロケットスタート、のつもり。

春は生長が早いので、現時点で収穫サイズだと1週間後には大きすぎる、もしくはトウ立ちが始まってくるということが頻繁に起こります。
怖い季節です。
ちょっと寒いかなというくらいがやりやすい。
急に暖かくなって一気にトウ立ち、というような気候が一番怖いですね。
さて今年の5月はどうかな。

関連記事

  1. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  6. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ