一気に準備を進めて春を迎えます

昨年の秋ころから借りている圃場があります。
山奥にある秘密基地的な畑です。
今年の春から本格的に使用するつもりだったので、昨年秋には土壌状態をみるために試験的に野菜を育てていました。

ほとんどの野菜がトウ立ちしてしまって、そのまま放ってあったので地主さんはきっとヤキモキしていたはずです。
本気で畑を使う気があるんかい、と。

そんな状態から、いよいよ春作の第一歩が始まりました。
耕して、そして畝立て。
一気にやってしまいました。

生草をそのまますきこんでしまうことや、翌日には種まきをしてしまうことなど、常識では考えられないことをやってしまうのが松本自然農園なので、この畑はこれで栽培の準備が整ったことになります。
今週は種まきラッシュですよ。

関連記事

  1. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  4. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?