ヤーコン収穫速報

ジャガイモを収穫しようと思いましたが雨のあとで土が重いので、今日はヤーコンの収穫をしました。

掘ってみると思っていたよりも大きなイモがついていたのはうれしい誤算。
昨年に比べると格段の進歩です。
これで冬中の出荷は大丈夫そうです。

まだ世間的にはヤーコンの認知度は低いですが、これからどんどん伸びてくる可能性のある野菜だと思います。
見た目はサツマイモのようなのに食感はナシのようで、食べてもほんのりと甘みがあってデザートのよう。
サラダはもちろん酢の物、炒め物、和え物、天ぷら、揚げ物など多様な使い方ができるところも魅力的です。
サツマイモや里芋にくらべると格段に寒さに強いので越冬保存しやすく、暖かくなっても芽が出ないのでうまくすると来夏まで保存することが可能。
無農薬栽培が容易で、種芋になる部分は可食部とは別にあるので種代がかかりません。
ということは毎年タネを買わなくてもいいということ。
生産者にとってうれしい野菜です。


これで全体の半分ほど。
意外にあっさりなくなってしまうかもしれませんが、もしそうなったら来年は多く作付けようと思います。
ジャガイモ、里芋、ヤーコンで冬の芋ローテーションを組んでいきたいので切らしたくないんですよ。
定期購入のお客様、はやくヤーコンに慣れてくださいね。
どんどんセットに入れますよ。

関連記事

  1. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  2. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  3. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  4. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・