今日はボカシをつくってました。
オカラをもらってきて、米ぬかとモミガラと混ぜ合わせてビニール袋に入れる。
と書くと簡単そうですが、作業こそ簡単だけど面倒というか体力を使うというか、とにかく効率が悪いです。

豊田市指定のごみ袋(大)が10袋のオカラ。
これを袋からだして山にします。
そこに米ぬかを投入。
EMに浸したモミガラを投入。
スコップなどでせっせと均一に混ぜ合わせたら、豊田市指定のごみ袋(大)に詰めなおしていきます。
1袋あたり約15kgで14袋ほど。

合計210kgのボカシです。
多いようですがこれくらいの量だと春先に一気に使ってしまうか、むしろ足りないくらいの量です。
こんな作業はできれば省きたいというのが本音なのですが・・・・・。

なぜボカシを作るのか。
オカラを畑に直接まくと、畑にいる悪玉の微生物がオカラをつかんでしまう可能性があり、そうなるとオカラは腐敗の方向に進みます。
だから事前にEMもしくは米ぬかに多く存在する乳酸菌にオカラをつかませておいて、畑に投入しても悪玉菌が増殖しにくくするわけです。
そんな理由でボカシをつくっているので、もし畑が善玉菌優先状態になっているのなら直接オカラをまいてもまったく問題ないわけです。
昨年、一昨年に自然農法栽培してきた畑が善玉菌パワーにあふれているなら、すでにボカシをつくる手間はいらないわけで。
もしそうなら直接オカラと米ぬかをバァーーッとまいて、ガーーッと耕して土と混ぜてあげれば土ごと発酵が実現します。
早くそうなることを願って今はボカシをつくります。

今度試しにオカラをまいてみようかしら・・・。