ホントはやらなくていいことなんだけど

ここんところ雨が多くて参っています。
雨の日に畑で作業できないのはもちろんですが、翌日も湿りすぎていて出来る作業が限定されてしまいます。
耕すのは雨後数日はムリだし、苗を植えるのも翌日は土が湿りすぎている。
草とりできないことはないけど少し乾いているくらいのほうが草はとりやすい。
今の季節だと週一回くらいに雨が降ってくれるとありがたいね。
ぜいたくな願いですけど。

こう雨が多いと時間にも少し余裕がでてきて、無駄な動きもでてきます。

これトマトの苗。
余った苗なんですけどね、放っておくと肥料不足で枯れていくのでポットを大きいのにしました。
この苗をどうこうするつもりはないんですけど、やっぱり放っておけなくて。
たぶん人にあげるんだろうなぁと思いつつも、こうして手をかけると人様に渡るのがもったいなく感じてくる。
娘を嫁に出す親の気持ちってこうなのかな?

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  4. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント

  5. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!