ビフォーアフター

ヒマ、というわけではないのですが雪のおかげで外に出ても何もできないので、今日は家でできることをやりました。
パソコンで事務仕事、ではありません。
これは既に飽きました。
家の補修です。
そんなに古い家でもないのですが、人が住んでいなかった期間が何年かあるため痛みが激しいところも多々。
とくに床はあちこちゆるいところがあり、歩くときは地雷を踏まないように足運びが慎重になります。
これじゃいかんと先日、居間の床板を張り替えました。
素人なので時間はかかりますが、やってみたら意外にできるもんです。
これに気をよくした素人家主は、最も痛みが激しい応接室(?)に手をかけました。
それが今回の話。

玄関を入ってすぐ右手にあるその部屋は、お客さんが来ても入れない開かずの間です。
床板がところどころ腐っていて、ヘタするとコントのように落下してしまいそうなので客人は怖くて入れられません。
でも位置的に使い勝手がよい部屋なので重い腰をあげてようやく補修開始となりました。

とにかく最初は床板はがし。
ボロボロになった板を力任せにはがしていきます。
外では雪が降るほどの寒さですが、体中から汗がでてきます。
埃まみれでおせじにも気持ちいいとは言えない労働がなんとも憎たらしい。

ところで。
20年くらい経過してると思うんですが、手で簡単にほぐせるほど腐っている板にビックリ。
かなり危険な状態でした。
その上に、応接間にあるような重厚なソファーが乗っていたんだから驚き。
そして冷や汗。
このまま放っておいたら床板抜けて後悔するところでした。

板をすっかりはがしてしまうと異様な空間。

ちょっとした秘密基地の気分です。
このままにしておいてもおもしろいかなと思ったり。
でも冷気が床から上がってくるのが厳しいので早急に直します。

必要な木材のサイズと本数を、部屋の寸法から割り出しました。
今度マチに降りたときに買ってきます。
山から切り出してきた木を・・・という技術はまだないので買ってきます。

完成は果たしていつに・・・。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  5. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか