タマネギも必死で草をとります

ニンニクに引き続きタマネギの除草作業。
こちらは大量にあるので大変です。
でも。
研修生がいるので助かります。
この御恩は研修のなかでお返しますね。

イネ科の草はあんまりなので草取りそのものは難しくないのですが、苗が埋もれるほど茂っているところも多いので手間がかかります。
でも苗は元気。
草に覆われていれば寒さに負けないだろうという読みで今の時期の除草ですが、読みが当たったかどうかは不明ながら多くの苗は越冬してくれました。

さあここからですよ。
保存のきくタマネギがたくさんあると出荷が安定するので、彼らにかかる期待は大きいです。
がんばってくださいな。
応援してます。
もう収穫まで手を出しませんけど、遠くから見守っています。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  4. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です