セニョールよ、スタメンでよろしく

ブロッコリーにスティックセニョールという品種があります。
これはでっかいのを一発ガツンと収穫するタイプではなく、脇から出てくる小さなブロッコリーを長期間にわたって何度も収穫するという特徴があります。
その小さなブロッコリーは茎がひょろ~っと長くなるのでスティックセニョールと名づけられています。

この品種の特徴を生かせるのは春作。
今ごろタネをまいて5月下旬くらいから収穫すると、それはもう見事なセニョールが収穫できます。

気温が高いので次から次へと収穫が続いてうれしい悲鳴をあげることになります。

ところが秋作になると、気温が低いせいかセニョールの伸びはイマイチで茎の長さは短く、生長が緩慢なので収穫量もあがってきません。
多品目農家にとっては、でかブロッコリーを栽培するよりも長期にわたって収穫を楽しめる品種のほうがありがたいので採用していますが、収穫量が少ないと悲しくなります。
冬なんてさみしいもんですよ。

そんなセニョールなので1月は忘れた頃に収穫するくらいで目立った功績をあげることなくひっそり暮らしていたのですが、ここのところ暖かい日が続いたり雨がしっかり降ったりしたせいで生育がぐいっと進みました。

カゴに山盛りのセニョール。
茎の伸びは足りないのでスティックな感じはありませんが、収穫量はそれなりです。
出荷する野菜がだいぶなくなってきた今の時期にあらわれた貴重な戦力。
2軍から1軍へ再びあがってきたベテラン、といったところでしょうか。
2月の活躍を期待しておりますぞ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  2. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 芽かきした脇芽を苗に育てる方法

  5. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  6. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!