アホウなハウス建設

部品、材料はそろっているけど未だ未完成のビニールハウス。
まあ扉以外はほとんど完成の見通しが立っているので、2月中には中に苗をおいていることでしょう。
人手があって風がない日を選んでビニールを張ることになりますが、来週にそんな日はあるでしょうか。
なければ3月に入っちゃいますね。

そんな状況ですがもうひとつビニールハウスを建てようとしています。
自宅近くのスペースに育苗ハウスを建てます。
こっちなら電気通せるので育苗しやすいですしね。
これが出来たら畑に建てたハウスは栽培用のビニールハウスとして活躍することになります。
夏はおそらくトマトでしょうね。
雨よけ用のトマト栽培以外にはあんまり必要性を感じないし。
冬は暖をとるためにハウス内で過ごすのもいいですね。
ウチ寒いので。
使い方としてはアホウですが、まあいいじゃないすか。

そろそろ畑のほうで農作業がちらほら出てきていますが、なんとか時間に余裕があるうちに二つともハウスを完成させてしまいたいですね。

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  4. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実