もっと美味しかったら即決なんだけど

今年度に初めて栽培したキクイモ。
diary120108-02.jpg
世間的にはあんまり知られていない野菜ですね。
見た目はショウガによく似ていますが、食べた感じはねばりのない山芋味のないヤーコンといったところでしょうか。
おおっ!という特徴に欠けるため普及していないのかも・・・。
戦後の食料難の頃には、作付統制野菜として代用食になっていたそうなので古い方々は菊芋を知っているんでしょうか。
すたれてしまったのには理由があるんでしょうけど。
diary120108-01.jpg
栽培してみて難しくないことはわかりました。
栽培期間は長いのですが草取りを一度やっただけで、あとは菊芋自身が草を抑えてくれるので楽ちんです。
肥料うんぬんもほとんど気にしなくていいですし。
ただ、収穫が、かなり、面倒、です。
里芋のように株元にかたまっているわけでもなく、ジャガイモ以上に広く芋がちらばっているので掘り上げるのに畝全体を探さなければいけません。
というか通路にもたくさん埋まってましたよ。
収穫に時間がかかるのが菊芋最大の難点です。

背丈が3mを簡単に越えてしまう菊芋。
それだけ茂るんだから地面の下で根や芋が広く散らばってしまってもしょうがないですね。
また栽培するかどうか分かりませんが、多品目でやっていると珍しい野菜もほしいので意外に欠かせないかも。
うちはイノシシが怖くてサツマイモやってないので芋類が一品ふえるのはありがたいんですよ。
ジャガイモ、里芋、ヤーコン、そこに菊芋あるとかなりうれしい。
やっちゃいますか、また。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  2. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  3. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  4. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  5. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  6. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?