ぬかるむ前に山にする


最近の育苗。
大きな変化はありませんが、全体的にじわじわと大きくなっています。
購入している用土を使っているおかげで生育のばらつきは少なく、安心して育苗を続けられています。
電熱シートは使っていますが、夜温の設定をけっこう低くしているのでそれほど早い生育状況ではなくなってきています。
ただ問題がひとつ、かなり広くとったはずの苗床スペースがすでにいっぱいで、あちこちに苗があふれているような状況。
これからカボチャの種まきがはじまるのに大丈夫か?といった感じです。


一方、畑では今日久しぶりにまとまった雨が降って地面が潤いを取り戻しました。
ものすごく水はけの悪い場所があるので、こちらは雨の前に(仮にですが)畝を立てておきました。
耕したまま平らだと全体的に水がたまってしまい、畝を立てるために機械を入れることができなくなる可能性があるからです。
夏でも1週間は晴れないとぬかるんでしまうような、そんな畑なので扱いにはいつも気を遣いますね。

このぬかるみ圃場、いつも何を植えようか悩みます。
たいていは田んぼでも育てられる里芋を中心に作付けするんですが、里芋だけを育てるには広すぎるので他品目の選定が必要で。
過去いろいろやってみた感じだと、オクラ、空芯菜、モロヘイヤ、ツルムラサキあたりは普通に育ちます。
これらを無難に配置して今年は様子を伺おうかと思います。

関連記事

  1. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  2. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  3. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  4. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  5. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!