とよた流ソーシャルビジネス講座

これまでに何度か人前で講演させていただく場がありましたが、ありがたいことにまた話す場を設けて頂きました。
今回は起業がテーマです。
松本自然農園が10年目を迎えるにあたって、「このテーマが今くるのか」と僕自身がうれしくなるような依頼です。
起業に関する話はしてみたかったんですよ。
しかも今回はひとりで2時間枠を使い切るんじゃなくて進行を含めて4名による講座です。
座談形式もありどうなるか楽しみにしています。

起業家セミナー「とよた流ソーシャルビジネス講座(プレ事業)」
対象:どなたでも
参加費:無料
とき:平成26年2月22日(土)午後2時から4時
ところ:とよた市民活動センターホール(松坂屋9F)
ゲスト:NPO法人とよたエコ人プロジェクト 代表理事 坂本竜児氏
    NPO法人まほうのらんぷ 理事長 谷澤雄樹氏
    松本自然農園 代表 松本直之
    株式会社ルーコ 代表取締役 井上美穂氏
申込み:豊田市民活動センター 午前10時から電話、ファックスかEメール
    (0565)36ー1730、FAX(0565)34ー0015、tec@hm4.aitai.ne.jp

ソーシャルビジネスに的を絞っているので起業したい方全般に向けての講座ではありませんが、被雇用者から抜け出して独立したいという気概のある人にとっては参考になるところもあると思います。
このプレ講座がうまくいくと本講座として通年を通した連続講座につなげていきたいとの意向でしたので、興味のある方はぜひお申し込みを。

【ソーシャルビジネス】
環境・地域活性化・少子高齢化・福祉・生涯教育など社会的課題への取り組みを、継続的な事業活動として進めていくこと


(打ち合わせの様子)

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  2. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?