その存在にもっと早く気づくべきだった

で、でてましたよ。
トマトが。
ずいぶん前に播いたトマトが発芽してました。
全部じゃないですが、日中に温度を上げすぎたことがあったので死んだかと思ってただけにうれしいです。
これからもっと発芽してくると思います。
ナスはまだっぽいです。

ナスがまだ発芽の音沙汰なしなのは、たぶん温度が足りないからだと思います。
夜の低温があるので発芽条件がそろってないのでしょう。
そこで対策しました。
借家にころがっていて使っていないホットカーペットを敷くことにしました。
これを夜間の保温に使うわけです。
温度調節もできるのがすばらしいです。
夕方くらいにスイッチオンしてみましたが、見事に地温が維持されていました。
これだと2,3日で発芽するんじゃないかなぁ。

しまったなぁ、ホットカーペットの存在にもっと早く気がつけばよかったよ。

関連記事

  1. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  2. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  3. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  4. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  5. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です