さあ、がんばってくれたまえー

ちょっと考えたら決まるんです。
研修圃場は。

まだ使っていなくて計画にゆとりがあるところ。
山奥の畑、通称YO圃場にそれはありました。

面積はせいぜい2畝もないくらいの小さなものですが、多品目の作付け体験をするには充分すぎるサイズだと思います。
土質はそんなに悪くないですよ。
一部で水はけのわるいところがありますけど、溝の切り方でなんとかなるレベルですし。
ただ地力がかなり弱いので工夫する必要はありますね。
新規就農するなら条件のいい圃場は回ってこないことが多いので、植えればとりあえず出来ちゃう畑よりはこういう痩せた土地のほうが勉強になると思います。
と、言い訳しとこ。

さあ、がんばってくれたまえー。

関連記事

  1. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  2. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  5. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  6. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?