【便利】農水省公式MAFFアプリで農家お役立ち情報を手軽にゲット!

農水省MAFFアプリをご存知でしょうか。
2020年5月にリリースされた公式アプリですが、すでに多くの方が利用しているようです。
農林水産省のホームページを訪れれば、そこにはたくさんの情報があり必要なデータを取ってくることはできますが、とにかく情報が膨大すぎて狙った情報にたどり着く前に疲れてしまいます。
だからこそMAFFアプリ。
自分が興味のあるジャンルをアプリに登録しておけば、あとは新着情報を通知して教えてくれます。
情報が待っているだけで飛んでくるんです。
コロナ支援などの補助金、給付金はもらえるものなら受け取りたい。
というのが本音だと思いますが、その支援だって知らなければ申請することすらできません。
情報を得るためのツールとしてMAFFアプリを活用してみませんか?

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. DtoCとは何か。農家直販はアフターコロナで追い風になる?

  2. 【長短あり】ECモールをうまく活用して販売力をつけていく方法

  3. 【対策急務】農業はとにかく危険!死亡率の高さは折り紙付き

  4. 【選択】農業機械をシェアする時代!買う借りるそして共有

  5. 【特権】農家に認められた特例中の特例「農家住宅」は活用しないと損

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?