【派手】非常識農家はどんな帽子を選んでるの?

外で作業することが多い農家は、日焼けをしないために帽子をかぶります。
日焼けとかまったく気にしないで働く方もいらっしゃるようですが、かなり無謀だと思います。
タオルを頭に巻いて、、、という方もいらっしゃいますが、、それだと顔がガッツリ焼けますね。

日焼けをすると体力を奪われますし、なにより美容によくない。
というほど私は肌つやよくないですが。

まあ、なんにしても長時間日射を浴びることは現代科学においてあまり良いことではないとされていますし、日焼け防止のために帽子をかぶることは大切でしょう。

じゃあ、どんな帽子をかぶります?
それなりに選定基準はありますよ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【破壊神】ハンマーナイフモアは農家の救世主。圧倒的すぎる仕事力に脱帽するしかない

  2. 【農地改革】農地バンク(農地中間管理機構)を活用するメリットは農地の集約化である

  3. 【強健】カボチャの育て方~恐るべき場の支配力とバリエーション豊富な品種力~

  4. 【産直オンライン】食べチョクをうまく活用すれば農家の販売量は爆伸びする。

  5. 農業×動画がテーマのトークライブやります。農家で動画を使っていきたいなら必見です。

  6. 【耕耘】ディーゼル耕耘機(イセキKA850)で天変地異