【派手】非常識農家はどんな帽子を選んでるの?

外で作業することが多い農家は、日焼けをしないために帽子をかぶります。
日焼けとかまったく気にしないで働く方もいらっしゃるようですが、かなり無謀だと思います。
タオルを頭に巻いて、、、という方もいらっしゃいますが、、それだと顔がガッツリ焼けますね。

日焼けをすると体力を奪われますし、なにより美容によくない。
というほど私は肌つやよくないですが。

まあ、なんにしても長時間日射を浴びることは現代科学においてあまり良いことではないとされていますし、日焼け防止のために帽子をかぶることは大切でしょう。

じゃあ、どんな帽子をかぶります?
それなりに選定基準はありますよ。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【苗床】電熱マットの海でセルトレイを泳がせろ

  2. 【無謀】通路の草モリモリなのに畝立てしていいの?

  3. 【本命】すべての農家に朗報!農業共済が霞むほどお得な収入保険でリスクに備え、ガンガン挑戦できる時代が来たぞ

  4. 【勃発】JAvsソフトバンク!農業界にも大変革がやってくるぞ!

  5. 【躍進の秘密】国家公務員トップユーチューバー白石さんに直撃取材。農林水産省はどこまで本気なの?

  6. 【泣泣】オクラの育て方~規格&かゆみと戦う農家の苦悩~