【応用編】キュウリ栽培のポイントを詳しく解説。すべては顧客の創造から

原産地から読み解くキュウリの育て方については基礎編でお伝えしました。今回はさらに一歩進めて、無農薬で栽培するときにはどうか、多品目栽培をするときにはどんなところに気をつけたらいいのかを解説していきます。

といっても有機だから多品目だからという枠が直接的に栽培へ影響するわけではありません。どちらかといえば間接的。関わることは間違いありませんし、影響も少なくありませんが、本質的なところから見ていくと栽培方法が変わってくるという話です。

曲がっていること。サイズが一本一本それぞれ違ってること。そして品種がいくつもあり個性が際立っていること。「顧客が見えれば経営が変わる」とおり、キュウリの栽培においても顧客が見えてくれば栽培が変わる。そんな話が今回の中心です。ぜひご覧ください。

関連記事

  1. 【神の領域】ゲノム編集は安全?危険?~後編~パンドラの箱を開けてはならない!

  2. 【疑心】農業の未来。一人2000万円以上売り上げる時代がすぐそこに

  3. 【農業収入のリアル】 実際どんな 収入?働き方?露地野菜編

  4. 【推し】収入保険で農家はかなり気持ちがラクになる

  5. 【経営開始型】年150万円受け取れる農業次世代人材投資資金。貰ったほうがいい人と貰わないほうがいい人がいる

  6. 農家の収入は低く見えるけどじつはかなり裕福?節税手法を知っている農家は何十万円も得している