たまには刺激を受けたいと思いまして。
名古屋大学まで出かけていき、農業起業家フェスタに参加してきました。

東海地区では有名な、農業多角化のモデルケースになっているモクモク手作りファーム、農家の営業マンと称して流通開発から人材育成事業までを手がける禾の人、生産と経営のノウハウ提供・コンサルティングを行っている農業支援ベンチャーファーム・アンド・ファーム・カンパニー
それぞれの企業の代表が招かれて、講演やパネルディスカッションが行われました。

そんなに目新しい話があったわけじゃないんです。
これからの農業に必要なこと、彼らが辿ってきた道や将来の展望などが話のメインになりましたが、僕がやっていることはそんなに間違った道じゃないんだと再確認できたくらいの内容でした。
ただ、スゴい人たちの話をじかに聞くことで熱いものをいただくことができたので、エネルギーを充電できたことが一番の成果だったように思います。

今回のフェスタ参加によって今後の松本自然農園に影響は・・・若干あるかもしれませんよ。