今日は特別な日。
僕が研修を受けていた自然農法センターから見学にやってきました。
現・研修生の所外研修ということで、就農希望者が多い今年の研修生には松本くんとこの見学がいいだろうと選んでいただきました。
光栄です。
非農家が知らない土地に参入して、まがいなりにも農業収入だけで生活しているんだから、研修生にとっては多少参考になるところはあると思います。
2時間ほどの見学時間でしたが、しゃべりたいことをしゃべったし質問攻めにもあったので実りある時間でした。

じつは今回の見学、楽しみではあったんですが緊張も3割くらいありました。
お世話になった職員さんも同行するので、ちゃんとやってるかどうかチェックしにくるような感覚があったからです。
栽培技術に関しては今でも素人に毛が生えた程度だと自覚していることもあり、栽培のダメだしを恐れていました。
でも杞憂に終わったようです。
もちろん心の中ではダメだしされていたことでしょうけど、口から音声で伝えられることはなかったのでヨシとします。
それが栽培技術を認められたということになるかというと、それはまた別の話。

来年以降も自然農法センターに必要とされる農園であり続けるために、僕は明日からもがんばります。