最近タマネギ病にかかっています。
食べても食べても満足できない・・・ではなくて
植えても植えても満足できない、そんな病気です。

タマネギはジャガイモと並んで保存がきく野菜の代表選手。
うちのような多品目栽培ではこのうえなくありがたい野菜のひとつです。

うまくすれば収穫した6月から次の年の3月くらいまで保存できるのがタマネギ。
セットに入れる野菜が足りないなぁと思ったときには大活躍です。
毎週セットに入っていてもいろんな使い道(調理法)があるので文句が出ないのもグー。
たくさんあっても困ることはありません。

そんなタマネギなので、植えるところさえあればどれだけでも植えてしまいたいのが本音。
他の作業がたてこまないヒマな時期に植付けがあるというのもありがたいことです。
ですので、種から育てた苗を植えてしまってもまだ満足できず、そのへんでタマネギ苗を買ってきては畑に植えています。
もうすでに3000本以上植えているのですが、まだ足りない気がしています。
大口で10kg単位で買ってくれるところもありますから、なおさら足りない気がしています。
ある意味禁断症状です。

準備すればまだ植えられるスペースは残っているので、とりあえず気が済むまで植えてみようと思います。
苗を買うと高いのがネックですが。
さいしょからこの病気がでるとわかっていれば、種から大量に育てておくという方法もありました。
まあ僕は基本的にネギ・タマネギなどの苗を育てるのは今のところヘタクソですから、どのみち苗を買うことになっていたでしょうけど。

苗植え体験したいという奇特な方がおられましたら御一報ください。
一緒に禁断症状を楽しみましょう。