農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 経営を意識して長く生き残る

経営を意識して長く生き残る

【6】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配はビジネスモデルとして優秀なのか

これまでに何度か、有機農業で昔から行われてきたスタイルとして 多品目栽培&直販&定期契約 について書いてきました。 【1】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配の特徴 【2】有機農業の王道 多品目栽培にはメリットとデ …

ホリエモン

生産・販売ノウハウを支えるしっかりした考え方が必須

このブログでは、新規就農するにあたっての考え方や姿勢、どのようなことに気を付けて段階を踏んでいけばいいのかについて書いています。 とくに、有機農業をやっていきたいと考えている人のなかには お金がなくても生き甲斐として農業 …

ハウスチェック

小さな農家がサラリーマンの平均年収を超えるための方法

今回の対象は。 雇用をしたり法人化したりして大規模にやっていく人ではなく、個人もしくは家族経営の小さな規模で農業をやっていく人です。 上司がいたり部下がいたりする煩わしい人間関係がなく、経営のすべてを自分自身で把握できる …

ダイヤモンド

常識を疑って考えて、そして改善していく

お金がなくても幸せに暮らせる、いわゆる清貧思考はやめませんか? という話をブログ内で何度か書いてきました。 有機農業のとくにありがちな、お金を持っていることの罪悪感やお金を稼ぐことへの抵抗感は、収入を得ることで社会に貢献 …

ほんとうに

有機栽培・有機農法の栽培公開は農家の心意気

有機農業をやっている有機農家。 有機じゃない農家も一部そうなんですが、自分の栽培方法や使用している肥料などの資材を、惜しげもなく公開している有機農家ってすごく多いと思いませんか? ある意味では企業秘密のような要素も含んで …

鶏がらスープ

生き残っていくためには農家も安全保障を考えるべき

安全保障と聞くとなにを想像しますか? 一般的に安全保障とは、 国家・国民の安全を他国からの攻撃や侵略などの脅威から守ること とされています。 それはたんに武力・武装だけの話だけではなくて、エネルギー安全保障とか、食料安全 …

耕耘機修理

台風、干ばつ、津波・・・どこまで非常事態を想定するのか

異常気象が増えていくと言われている昨今、天災に代表されるような非常事態に遭遇することは農業をやっていれば避けられないことです。 暖冬 猛暑 多雨や小雨 大雪 干ばつ 台風 地震 ひょう 竜巻 農業は、植物工場のようにすべ …

台風

生産が先か、顧客確保(営業)が先か

生産と顧客確保、どっちが先か。 生産だけやっていればいいような農協出荷の方は気にならないことですが、自分で販路を開拓していこうとしている新規就農者が必ずぶち当たる問題です。 営業をかけようにも商品がなければスムーズな交渉 …

ニワトリ卵

農家の仕事は生産だけ? サラリーマン思考では農家になれない

みなさんが持っている農家のイメージはどのようなものでしょうか? 太陽が昇るのと同時に畑に出て、暗くなるまで働いている。 とにかく作物を育てることに専念している。 もしくは作物を育てて、それを収穫して出荷している。 だいた …

平井耕耘

優秀な農家になるための3つの条件

農地を借りて、耕作を始めます。 堆肥を入れたり畝を立てたり。 種をまいたり苗を植えたり。 あれこれと手をかけて、必死になって作物を育てていきます。 その結果。 収穫して売ることができる商品、農産物が出来上がったとして。 …

撮影スタジオ
« 1 2 3 4 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP