3兄弟がもたらす安心感

保存3兄弟としてよく名前を挙げているのがニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ。
調理方法が多種多様で保存もきくため、家庭では常備野菜としてストックがあるところが多いのではないでしょうか。

ニンジンは保存がきくといっても冷蔵庫に入れておかないと芽が出てきますけど、ジャガイモと玉ねぎは保存系としては優秀な野菜です。
6月に収穫したジャガイモは芽が出てくる9月までOKだし、玉ねぎに至っては品種を選べば6月に収穫したものが翌年2月まで保存できたりします。

そんな3兄弟は野菜セット売りの農家にとっても強い味方。
ずっと毎週入れ続けても文句を言われないのは大変ありがたいですが、セットを構成する1品として常にストックがあるのはそれ以上にすごく心強いです。
収穫量が落ち込んだ時に野菜セットがつくれなかったらどうしよう、という不安と常に戦ってますから、玉ねぎやジャガイモが手元にたくさんあると心臓の負担がかなり減ります。
いやほんとに。
出荷が終わるたびに「今回も無事に野菜セットをつくれてよかった~」と息を吐いてますから。

今年はというと栽培のほうがわりと順調、もしくは技術が上がってきた、こともあってセットをつくるのが例年ほど苦しくないので、ジャガイモや玉ねぎはあまりセットに入ってきません。
たくさん待機しているのに。
でも家庭ではあるとうれしい野菜なので、ちょくちょく出していかねばと思っています。
野菜セットのボリュームがアップしすぎるのを覚悟で。

こういう悩みはいくらでも体験したいですね。
玉ねぎが出しきれない~どうしよう~。

関連記事

  1. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  2. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  3. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  4. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!