飢えたイノシシは怖い


収穫のために下山の畑へ。
いつものようにダイコンを抜こうと思ったら何かが違う。
やけにすっきりしてないか?

あーここもやられたか。

冬用にとタネを遅まきして作っていたダイコンはすでにやられているんです。
イノシシに。
葉がごっそりと食べられているんです。
これ、たぶんイノシシだと思うんですけど、イノシシってダイコンの葉を食べる?
もしかしてシカ?
足跡や近くに落ちているフンを見る限りではイノシシだと推測できるのですが、いまいち確信がもてません。
獣害にはちがいないですが。

秋用のダイコンが被害に遭いはじめました。
一人前のサイズになっているので葉はなくてもOK、だからそんなに悔しくありません。


しかし隣にあるニンジンまで被害にあってしまったんです。
まさかクセの強いニンジンの葉まで食べるの?
って感じの荒らされ方。
場所によっては掘り返されています。
こりゃ早いとこニンジンすべてを収穫してしまったほうがよさそうだ。
イノシシと取り合いしたくないもんね。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  6. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない