霜が降りたら・・・という恐怖に打ち勝つ

ここんところどえらい雨が降ったので、いまだに畑はしっとりしている。
あと2日くらい晴天があれば作業のしやすい状態になりそうだけど、明日と明後日はどうも天候がすぐれないようで困ったことだ。
今度の雨、降ってもいいけどちょっとだけにしてほしい。
勝手な願いですが。

いま夏野菜の苗を植えるタイミングを計っています。
遅霜がくると苗が傷んでしまうので、それを回避できる最も早い植え時期を探す必要があります。
なんとなくですがもうGOサインを出してもよさそうな気がしてますが、もしかしたらという疑いが頭をかすめていくので踏み切れません。
それでもまあ、天気予報をみると大丈夫かなという感じです。
今度の火曜の朝を過ぎたら、一斉に夏野菜の苗を植えてしまうつもり。
たぶん大丈夫です。

今日はフライングでズッキーニを植えました。
たぶん大丈夫です。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  2. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  3. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰