隙間があると役立たず

なかなかまとまって雨が降ってくれない8月。
2ヶ月くらい雨が降らなかった年も過去にはあったので驚きませんが、野菜の生育に影響がでるのは疑いようのない事実です。
このまま放っておいたら生育が落ち込んで収穫量に影響が出ることは間違いありません。
なんとか手を打たなければ。

というわけでエンジンポンプの始動。

用水路には田んぼ用に水が流れているので、これを利用すれば潅水が可能です。
もちろん蛇口をひねれば水がドバドバ出てくるような恵まれた圃場ではないですが、ポンプさえあれば潅水できるのは状況としては申し分ないです。

さあナスから始めようか、と思ったらうまく水を吸い上げてくれません。
そんなに古い機械じゃないしエンジンオイルは新品に替えた。
なんだろう、どこが悪いんだろう?
と思ったら
 
割れてます、パーツが。
圧力がかからないために水の吸入がうまくいっていないようでした。
パーツの購入も検討しましたが、ひとまず瞬間接着剤でくっつけたら動いたのでそのまま使います。
これでナスやキュウリを救出します。

・・・それにしてもなんで割れたんだろう?

関連記事

  1. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  4. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  5. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう